スズキ、軽乗用車「スペーシア」が国内累計販売台数100万台を達成

初代スペーシア

2代目スペーシア(現行モデル)

スズキの軽乗用車「スペーシア」が、4月2日に国内累計販売台数100万台を達成※1した。2013年3月の発売開始から8年2カ月での達成となった。

「スペーシア」は2013年3月に「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」をコンセプトに発売した。発売以来、広く開放的な室内空間、使いやすく乗り降りしやすいパッケージング、充実した安全装備、優れた燃費性能でご好評をいただいている。

現在販売している2代目スペーシアは2017年12月に全面改良し、前方の衝突被害軽減ブレーキに加え、軽自動車で初採用※2となる後退時の衝突被害軽減ブレーキを採用するなど、安全装備をさらに充実させた。
2018年12月にはスペーシアの新モデル「スペーシア ギア」を発売し、魅力的なラインアップでお客様の多様なニーズに応えている。
スペーシアは、2020年度販売台数 約145,000台と、スズキの主力車種のひとつである。

  • ※1 一般社団法人 全国軽自動車協会連合会データよりスズキ調べ。
  • ※2 2017年12月時点、スズキ調べ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です